石油合成系シャンプー は界面活性剤を含んでいるので避けること

スポンサードリンク





石油合成系のシャンプーは、髪にあまりよくないと聞きます。髪にいいシャンプー

その理由は、界面活性剤を含んでいるからです。

その理由や髪を安心して洗えるシャンプーを見ていきましょう!

 

 

 

石油合成系シャンプーとは

市販のシャンプー剤の多くが、石油合成系の界面活性剤を含んでいます。

 

 

界面活性剤とは

界面活性剤とは・・・本来まじりあわない物質同士を混ぜ合わせた状態にした物質のことです。

 

イメージは、野菜ドレッシングです。
ドレッシングは、油や水分を混ぜて作りますが、良く見ると分離しています。

 

界面活性剤は、きちんと洗い流したと思っていても微量の液剤が残っていれば

皮膚に浸透して頭皮に悪影響を及ぼす危険性

があります。

 

悪影響を及ぼすとは、肌の角質細胞を少しずつ溶かしていきます。

 

角質細胞が溶けると

肌がカサカサになったり

スポンサードリンク

ヒリヒリしたり

きめ細かさ

が無くなったりします。

 

 

どんな成分入りのシャンプーが頭皮にいいの?

シャンプーの種類が多く、どれを選べばいいのか

分からない!!っていう人に

 

天然成分を含むアミノ酸系界面活性剤のシャンプーや石鹸がおすすめです。

天然成分は、動物性油脂などが代表的です。

 

身近にあるもので、化粧を落とすクレンジングオイルは油脂で作られていますが、化粧を十分落としてくれます♪♪

 

おすすめのアミノ酸系界面活性剤のシャンプーがあります!!

 



→馬油から生まれたウーマシャンプーはこちら♪♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました