夏の紫外線から髪のダメージを守る具体的ポイントやコツはココ♪

スポンサードリンク





夏は気温も高く、紫外線を受ける時間が多い季節です。夏の紫外線対策

お肌の紫外線対策はバッチリでも、意外と出来ていないのが髪です。

そんな紫外線から髪を守るポイントやコツをご紹介します♪

 

 

 

紫外線が髪に対してどのぐらい影響力があるのか?

そもそも紫外線が髪に対して悪影響があるというイメージは、おおよそつきます。

でもどのぐらい影響するのかを知っている人は少ないようです。

 

髪には、メラニンが多く含まれていますが、このメラニンは紫外線に強く、吸収して髪への影響を少なくしています♪

すごいですね^^

 

でもそれなら、紫外線を浴びてパサついたり、カラーが抜けやすくなったりするのか?

不思議ですよね!

 

それが髪の状態が大きく関わっているんです。

 

 

紫外線対策をしないといけない髪の状態

[icon image=”check3-p”]ヘアカラーなどをした1週間以内

[icon image=”check3-p”]海やプール、川で遊んだりして髪がぬれている状態

[icon image=”check3-p”]髪が汗で濡れている状態

 

すべてのポイントで言えるのが

スポンサードリンク

髪の表面が壊れているタイミングで、紫外線を浴び続けるとダメージを受けます。

 

髪の表面の組織は、専門用語でキューティクルと呼ばれています。

このキューティクルは、魚のウロコみたいなもので、髪が曲がったりするのはキューティクルがあるからなんですね~。

髪の組織

 

このキューティクルは、髪の水分を保持する役目もあります。

キューティクルが正常でないと、髪がパサついたり、艶がなくなったりします。

 

このキューティクルを正常に戻すには、クエン酸配合のシャンプーを使うと髪がアルカリ性から酸性になるので、健康な状態に近づくことができます♪♪

シャンプー

 

髪が濡れた状態で、紫外線を浴びる時には、洗い流さないトリートメントやクリームタイプ、オイルタイプなどを髪につけておくだけで、表面を保護してくれます♪

 

アイテムで言うと日傘も直接、日光を浴びなくなるので髪の紫外線対策につながりますね^^

 

普段の時でも紫外線を意識して、日傘を使ったり、髪を濡らしたままにしないようにすることで、ヘアケアの差が出ます。

艶がある髪を維持していきましょう!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました