分け目が自由に変えられるウィッグだと 毎日被ってもナチュラルなヘアスタイル

スポンサードリンク
 




ウィッグを毎日被っていると髪型が同じなので、ウィッグ 悩み周りの人から不自然に思われたりしないでしょうか?

こんな質問を受けますので、見た目を少し変化させるヘアスタイル方法を見てみましょう♪

 

 

ウィッグを使ってみたことのない人が意外と知らないのが、ヘアアレンジしやすいウィッグとしにくいウィッグがあります。

 

 

[icon image=”finger1-r”]違いとしては

ヘアアレンジしやすいタイプのウィッグは

耐熱ファイバーで作られている

メリットは、軽くてカールや癖づけができて持続性もあるのでヘアアレンジしやすいのが特徴です。

デメリットは、パーマやカラーリングがしにくいことです。

 

 

ヘアアレンジしにくいタイプのウィッグは

スポンサードリンク

人毛や人毛ミックスで作られている

メリットは、ナチュラルに見えることやパーマやカラーリングがしやすいことです。

デメリットは、毛が抜けやすくヘアアレンジが難しい

 

 

ファッションウィッグなら耐熱ファイバーで作られているウィッグを使う人が圧倒的に多いので、ドライヤーやコテで髪の分け目を自由に変えられるからいいです!

 

毎日、同じヘアスタイルだと不自然に思われるから、ウィッグの特徴を掴んでアレンジするとオシャレも広がりますね♪♪

パーティーで大活躍ウィッグ

 

特に今から年末にかけてクリスマスシーズンに入るから、同窓会やパーティーなどでも大活躍なのがウィッグです^^

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました