ウィッグを被ると頭痛や肩こり 首筋の疲れを感じる方に選ぶポイント♪

スポンサードリンク
 




ウィッグを1日中被っていると重くて頭痛やウィッグ 悩み肩こり、首筋の疲れを感じる方には軽量タイプのウィッグがおすすめです。

軽いウィッグを選ぶポイントやコツをご紹介します♪

 

 

ウィッグを被っていると頭痛や肩こり、首筋の疲れを感じるという方はまず、その原因を調べてみましょう。

 

頭痛や肩こり、首筋の疲れの原因として

ウィッグが小さい

専用ネットのゴムの締め付けがきつい

網目が荒いタイプのネットを使っている

ウィッグのアジャスターを外して被る

地毛の生え際を締め付けている

睡眠時間を長くとる

 

原因を見て、当てはまった人もいると思います。

 

1つずつ見ていきます
頭のサイズとウィッグのサイズが違う時に、無理に被っていると頭を締め付けてしまいます。
この場合は、自分の頭のサイズとウィッグのサイズをよく確認してから購入するようにしましょう。

見た目でバレないウィッグ

スポンサードリンク

 

専用ネットのゴムの締め付けがきつい場合も考えられます。ウィッグを購入した時に中にいっしょに入っているネットも各社違います。ゴムの力が強いのや弱いのもあります。

 

ゴムの力が強い場合は、100円ショップで販売している黒の水泳帽子などを代替え品として使ってみるといいです!

 

網目が荒いタイプの専用ネットを使うと頭全体的に締め付けますので、ストッキングのような生地のネットを使うと改善する場合があります♪

ウィッグ専用ネット

 

 

なかなか無ければ、ストッキングを切って代替え品にしてもいいですが、その場合には、地毛とネットをヘアピンでしっかりと固定するとずれる心配がなくなります。

 

ウィッグの裏側についているアジャスターがきついと頭痛や肩こり、首筋に疲れを感じやすくなりますので、アジャスターを緩めたり、それでも改善しないようなら思いきってアジャスターを外して被ってみるのも締め付け力が弱まるために改善します。

 

 

意外と多いのが、地毛の生え際より前に専用ネットやウィッグを被っている場合です。

この場合だとこめかみ部分全体を締め付けるようになるので、頭痛や肩こりが起きやすくなります。
地毛の生え際より少し後ろ気味で被るといいでしょう!

 

 

最後は、やっぱり睡眠時間を長めにすることでしょう!
頭痛や肩こり、首筋の疲れなど血行が悪いために起こる痛みは、睡眠に関係しています。

睡眠はしっかりと取ることで健康にもいいし、頭皮の血行もよくなり、抜け毛も減るのでイイことばかりです!!

頭痛や肩こり、首筋の疲れを感じたら、一番最初に睡眠をしっかりと取ってみましょう。
→睡眠時間が短い人に 効率よく睡眠の質を上げる方法はこちら♪

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました