ウィッグを炎天下使用する時の気を付けるポイントやコツ♪

スポンサードリンク
 




日差しが強い時にフルウィッグを夏の紫外線対策着けると暑そう~というイメージありますよね。

実際にはどうなんでしょう!

 

 

実際に気になるポイントとして

[icon image=”check3-p”]ウィッグの中が蒸れたりしないの?

[icon image=”check3-p”]汗でウィッグがずれたりするのでは?

[icon image=”check3-p”]ウィッグが高熱で焼けたりしないの?

[icon image=”check3-p”]ウィッグの中から汗がしたたり落ちたりするんじゃ?

髪を傷める原因とは

 

 

ウィッグは帽子のように被るものですので、確かに暑いイメージはあります。実際に暑いです。。。

でも工夫次第で、その暑さを軽減することは出来ます♪

 

 

汗がしたたり落ちたり、蒸れたりする場合には、汗取りシートや汗を吸収する素材を使って防ぐ方法があります。

スポンサードリンク

ウィッグが暑さや汗でずれたりする場合には、地毛をしっかりと固定する事によってずれを防止する方法があります。

炎天下の高熱でウィッグが縮れたり、焼けたりするんじゃ・・・と心配の人もいらっしゃいますが、耐熱ウィッグと言って140度から180度までの熱に耐えられるように作られているウィッグがあります。

なので、心配事はまったくありません!

 

 

夏の帽子

感覚としては、帽子を被るようなイメージです。

しかも紫外線対策にもなるし!

あと、通常のウィッグより、通気性や軽量タイプのファッションウィッグも販売しているので、さらに炎天下に使用する場合でも安心して被れます^^

 

炎天下で使用するときでもしっかりと対策をしていれば、いつもと同じようにウィッグを被る事が出来ますので、安心して使って見て下さい♪♪

お呼ばれ結婚式やドレスファッションの時にもウィッグは似合います。

 

→通気性や軽量タイプのファッションウィッグはこちら♪

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました